基本的なギターのチューニングの方法と種類

いきなりですが問題です。

ギターを弾く前に必ずやらなければならないことがあります。

それはなんでしょうか?

もうお分かりかと思いますが、答えはチューニングです。

いくら上手にギターを弾けるようになっても、しっかりチューニングが出来ていなければきれいに音が鳴りません。

今回は、基本的なギターのチューニングの方法と種類についてお話しします!

1.チューニングに必要なもの

チューナー

チューナーは正確なチューニングをするのに欠かせません。

チューナーにもいくつか種類がありますが、ギターとケーブルで接続するタイプのものが精度も良くおすすめです。

ケーブル

いわゆるシールドケーブルのことです。

普段ギターをアンプ、エフェクターに接続する際に使っているもので構いません。

ピック

ピックがなくても指で弦を弾けばチューニングはできますが、弦を弾く強さで微妙に音程も変わってきます。

なので、普段ピックを使ってギターを弾いている場合は用意した方が良いです。

2.チューニングの方法

必要なものを揃えたら実際にチューニングをしていきましょう!

一般的なチューニングの手順

1.ギターとチューナーをケーブルで接続する

チューニングをしたいギターをチューナーに接続します。

正確にチューニングするためにもしっかり繋いでください。

2.弦を鳴らし、音の高さを合わせる

チューナーのタイプにもよりますが、多くの場合は以下のような表示になっているはずです。

♭  ▶  0  ◀  #

〇〇〇〇〇〇●〇〇〇〇〇〇

E A  D G B E

メーター(●)が真ん中に来るように、ペグを締めたり緩めたりします。

ここでポイントになるのが、音の高さを合わせる時は必ず締めて合わせるようにします。

言い換えれば、本来の音程よりも低いところ(♭)からどんどん高く(#)して合わせるということです。

緩めて音を合わせた場合、チューニングが安定せず、弾いているうちにどんどんズレていってしまう可能性があります。

なので、チューニングの際にペグを締めすぎて本来の音よりも高くなってしまったら、必ず一度緩めてから再度締めて音を合わせるようにしてください!

3.チューニングの種類

意外に思うかもしれませんが、ギターには様々な種類のチューニングがあります。

今回はその中でもよく使われるチューニングを3種類解説したいと思います。

レギュラーチューニング

これがギターの基本のチューニングになります。

レギュラーというだけあって、大多数の曲はこのチューニングで弾けます。

初めてギターをやるという方は必ず覚えてください。音の並びは以下のとおりです。

  • 6弦 E
  • 5弦 A
  • 4弦 D
  • 3弦 G
  • 2弦 B
  • 1弦 E

半音下げチューニング

こちらもよく使われます。

読んで字のごとく、レギュラーチューニングを全て半音下げたものになります。

個人的な感覚ですが、洋楽のハードロックなんかによく使われている気がしますね。

音の並びは以下のとおりです。

  • 6弦 E♭(D#)
  • 5弦 A♭(G#)
  • 4弦 D♭(C#)
  • 3弦 G♭(F#)
  • 2弦 B♭(A#)
  • 1弦 E♭(D#)

フラット(♭)でもシャープ(#)でもどちらでも良いのですが、一般的にはフラットで表記することが多いです。

ちなみに1音下げチューニングや2音下げチューニングなんかも存在します。

ドロップDチューニング

いわゆるドロップチューニングの一種です。単に「ドロップD」と言ったりもします。

ドロップチューニングとは、6弦のみ他の弦よりも一音低いチューニングのことです。

ドロップDチューニングの場合、音の並びは以下のとおりです。

  • 6弦 D
  • 5弦 A
  • 4弦 D
  • 3弦 G
  • 2弦 B
  • 1弦 E

まずレギュラーチューニングをして、その後に6弦だけ一音下げるとやりやすいです。

この他に、ドロップCやドロップBといったチューニングも存在します。

ドロップDチューニングのメリット

最低音がEからDになることにより、低音を効かせたヘヴィな音を出すことができるので、ロックやメタルなどの激しいジャンルでよく使われます。

また、6弦~4弦(6弦と5弦のみでもOK)の開放弦を鳴らすだけで簡単にパワーコードを鳴らすことができるため、レギュラーチューニングでは弾くことのできないフレーズも弾けるようになります。

4.まとめ

チューニングに必要なものはチューナー、ケーブル、ピック

音程は低い方から高い方へ、必ず締めて合わせる

基本はレギュラーチューニング(E A D G B E)

5.おわりに

今回はチューニングの方法と種類について解説しました。

今回解説した他にも、チューニングには方法や種類があるので、興味のある方は是非調べてみてください。

もちろん、こちらのブログでもいずれ解説したいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする