初心者がギターを始めるために必要なものは?

「いざギターを買ったは良いけど、他に必要なものってあるの?」

「これからギターを買うつもりだけど、一緒に買った方が良いものってある?」

このように思う方も多いでしょう。

今回は、初心者の方がギターを始めるのに必要なものを必要性ごとに分けてお伝えしたいと思います!

ただ、ギターの種類によって必要なものは変わってきますので、今回はエレキギターを例に解説していきます。

1.必要性が高いもの

ここでは、大半の人が必要になるであろうものを紹介します。

特に、初心者の方は必ず用意するようにしましょう。

とりあえず以下のものさえ揃えば練習を始めることが出来ます。

ピック

ピックは、利き手の指で持ち、弦を弾いて振動させるために必要なものです。

アコースティックギターと違い、エレキギターを演奏する際は必須のアイテムです。

色んな種類のものがありますが、まずは持ちやすい形の大きいものをおすすめします。

ピックについて解説した記事もありますので、参考にしてみてください。

【形と素材で選ぶ】初心者におすすめなギターのピック

チューナー

ギターをチューニングする際に使用するものです。

チューニングは、正しい音程でギターを演奏するために必ず行う必要があるので、必然的にチューナーも必須アイテムになります。

チューナーには色んな種類のものがありますが、揃える道具を最小限にしたいということであればクリップチューナーをおすすめします。

ギターとチューナーをシールドケーブルで繋ぐタイプのものの方がチューニングの精度が良いですが、ケーブルを用意しなくてはなりません。

クリップチューナーは、その名のとおりクリップのようにギターのヘッドに挟めて使うものなので、ケーブルが不要ですぐにチューニングをすることができます。

詳しいチューニングの方法等については、以下の記事を参考にしてみてください。

基本的なギターのチューニングの方法と種類

2.必要性が中程度のもの

ここでは、揃えればより練習が効果的になるものを紹介します。

ギターアンプ

基本的にエレキギターはアンプに繋いで音量を上げ、音色を変化させて演奏するものです。

アンプがあればより実践的、本格的な環境で練習することができます。

アンプも様々な種類がありますが、初心者の方には1万円~2万円程度のものをおすすめします。

値段も比較的安価で、それでいて十分な性能を兼ね備えたものが買えます。

シールドケーブル

ギターをチューナーやアンプに接続する際に使用するものです。

ケーブルで繋ぐタイプのチューナーを使いたい方や、アンプに繋いで練習したい方には必須アイテムです。

これも様々な種類のものがありますが、初心者の方は

エレキギター用」「1メートルあたり700円~1000円

のものを選びましょう。

3.必要性が低いもの

ここでは、なくても問題ないけどあれば練習が楽しくなるものを紹介します。

エフェクター

エフェクターは、主にエレキギターの音色を変化させるためのものです。

音を歪ませるオーバードライブやディストーション、反響音などを加えるリバーブやディレイ、特定の音域を強調したりカットしたりするイコライザーなど種類は膨大です。

エフェクターを使えば、ギターを色んな音に変えることが出来るので練習も楽しくなること間違いなしです。

ストラップ

ストラップは、ギターを立って弾く際に必要なもので肩に掛けて使用します。

座りながら弾く場合も、ストラップを使用すれば手で支えてなくてもギターを落とす心配がなく、集中して練習することができます。

立ったまま弾く練習と座ったまま弾く練習を交互に繰り返せば、気分転換にもなるのでおすすめです。

4.番外編:あれば便利なもの

教則本(初心者向けの簡単なもの)

そもそもギターを手にしても、何をどう練習して良いか分からない方が多いと思います。

加えてギターの基礎的な知識も覚えなければならないので、初めに教則本を1冊用意することをおすすめします。

ここで重要なのが、初心者向けの簡単なものを選ぶということです。

あらゆる教則本がありますが、初心者向けのものから上級者向けのものまでその種類は多岐に渡ります。

良く分からないまま上級者向けのものを選べば、いざ練習しようと思っても全く歯が立たず挫折コースへ一直線です。

初心者向けのものを選びたい場合は

初心者でも弾ける」「一から始める」「初めての

こういった文がタイトルに入っているものを選べば間違いないです。

ギタースタンド

ギタースタンドは、ギターを立て掛けて置くことができるものです。

使い終わる度にギターをケースにしまうのは、ギターを大切にするという意味では良いですが、そのうち面倒になってギターを手にするのが億劫になるかもしれません。

スタンドにギターを立て掛けておけば、すぐに手にすることができますし、使い終わった後もスタンドに置くだけでいいので大変便利です。

毎日あるいは頻繁に練習するという方は、ギタースタンドを買うことをおすすめします。

5.まとめ

  • 必要性高⇒ピック・チューナー
  • 必要性中⇒アンプ・シールドケーブル
  • 必要性低⇒エフェクター・ストラップ
  • あると便利⇒教則本・ギタースタンド

6.おわりに

今回は、初心者が揃えるべきギターの道具を紹介しました。

エレキギターならアンプやエフェクターは必須だと思う方も多いと思いますが、本当に始めたばかりの方はなくても問題ないと思います。

ただ、いずれは必要になると思うので、自分のレベルを見ながら道具を揃えていくと良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする