【形と素材で選ぶ】初心者におすすめなギターのピック

ギターを弾く際に必要な道具の一つがピックです。

特に、エレキギターを弾く際には必須とも言える道具です。

ピックを使わないで演奏する方法もありますが、初めはピックを使った弾き方から練習する場合がほとんどでしょう。

しかし、ピックにはあらゆる種類のものが存在します。

ピックの形状や厚さ、使われている素材なども様々で、どんなピックを使えばよいか分からないという初心者の方も多いと思います。

今回は、数あるピックの中から初心者におすすめのピックを紹介したいと思います!

簡単にピックの種類などについても解説しますので、ピック選びの参考にしていただければと思います。

1.ピックの形状

ピックの種類は様々ですが、一般的に形状で分類することが多いので、ここでも形状ごとに解説していきたいと思います。

ティアドロップ型

ピックの中では最もポピュラーな形状です。

ティア(tear)ドロップ(Drop)という名前のとおり、滴る涙のような形をしているのが特徴です。

先端に向かうほどシャープになっているため、弦を弾いたときの抵抗感が少なく、スムーズなピッキングをすることができます。

単音弾きにもコードストロークにも対応できる万能タイプのピックなので、多くのギタリストが使用しています。

トライアングル型

ティアドロップと同じくこちらもポピュラーな形のピックです。

ギタリストの間では「おにぎり型」と呼ばれることもあり、三角形の形をしているのが特徴です。

三角形になっているため3つの頂点があり、どこでも同じ感覚でピッキングすることができるので長く使うことができます。

サイズが大きいので細かい動きは苦手ですが、その分しっかり握ることができるため、コードストロークを主体とする演奏スタイルと相性が良いです。

ジャズ型

ティアドロップの先端部分をさらにシャープにして、サイズも小さくしたものがジャズ型ピックです。

小さくて握るのにコツがいりますが、その分スムーズなピッキングが可能なのが特徴です。

名前のとおりジャズの他、ハードロックやヘヴィメタルといったテクニカルなジャンルのギタリストに愛用者の多いピックです。

2.ピックの素材

ピックは元となる素材によって弾き心地や音も大きく変わります。

ここでは代表的なものを簡単に紹介したいと思います。

セルロイド(セルロース)

ピックの定番素材とも言われる素材です。

柔軟性があり、弦への食いつきも良いのが特徴です。

ナイロン

セルロイド同様定番素材の一種です。

硬めの素材で磨耗に強いのが特徴です。

ウルテム

非常に硬く滑らかな素材です。

弦に対する引っ掛かりがかなり少なく、スムーズなピッキングができるのが特徴です。

3.ピックの厚さ

形状と素材と並んでピックの弾き心地を決める重要な要素が厚さです。

ピックによって厚さは様々で、表記もバラバラですが大体は以下のとおりです。

  • Thin(シン)、Soft(ソフト)⇒0.5mm前後
  • Midium(ミディアム)⇒0.8mm前後
  • HARD(ハード)/HEAVY(ヘヴィ)⇒1mm前後
  • Extra Heavy(エキストラヘヴィ)⇒1.5mm前後

薄ければ薄いほどピックはしなり、引っ掛かりのない弾き心地になり音も柔らかいです。

逆に厚ければ厚いほどしならなくなり、弦への食いつきが良くアタック感の強い音になります。

4.初心者におすすめのピックは?

  • 形状⇒ティアドロップ型 or トライアングル型
  • 素材⇒セルロイド or ナイロン
  • 厚み⇒0.8~1.0mm

この条件に当てはまるピックを選ぶのがおすすめです!

ジャズ型が初心者向けではない理由

一言で言えばサイズが小さいからです。

ティアドロップ型やトライアングル型はサイズが大きいため持ちやすく、安定感があります。

ジャズ型は慣れれば万能に使えるピックですが、初心者にはサイズが小さく持ちにくいためおすすめしないです。

他の素材ではダメ?

セルロイドとナイロンのピックを使うことをおすすめしましたが、個人的には形状と厚みの方が重要だと思うので、あまりこの素材にこだわる必要はないです。

ただ、定番素材は定番と言われるだけあって多数のギタリストに使われる理由があります。

初めにセルロイドかナイロンの素材のピックを使い、それを基準としてその後に色んな素材を試すと自分に合うピック選びが捗ると思います。

厚みは「薄すぎず厚すぎず」

薄すぎると弦離れが良すぎてコントロールが難しく音量も出にくいです。

逆に厚すぎるとピックがほとんどしならないので弦を弾いたときの抵抗感が強く、コードストロークやカッティングをするのが難しいです。

なので、初めは中間の厚みの1.0mm前後がおすすめです。

5.まとめ

  • 形状はティアドロップ・トライアングル・ジャズ型が基本
  • 素材はセルロイド・ナイロン・ウルテムが定番
  • 厚みは0.05mm~1.5mmまで様々
  • 初心者にはティアドロップ・トライアングル型で1.0mm前後の厚みのピックが◎

6.おわりに

今回紹介した以外にも、様々な種類のピックが存在します。

ホームベース型や丸型、ポリアセタールやカーボン・鉄を素材とするもの、2.0mm超えの厚さのものなど挙げればキリがありません。

初めのうちは色々なピックを試して、自分に合うものを見つけましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする