【初心者必見!】ギターの種類について

記念すべき第1回目の投稿は、これからギターを始めてみたい!と思っている初心者の方へ向けた記事です!

タイトルにもあるとおり、今回はギターの種類について書いていきたいと思います。

細かいことを言うと、ここでお話しするギターの種類というのは、具体的なギターのモデル※ではなく、「分類」のことを指しています。

※「モデル」というのはギターの具体的な機種名(例えばエレキギターであればストラトキャスター、テレキャスター、レスポールなど)のことです。

この記事を見て、自分が欲しいと思っているギターはどの種類なのかを確認するところから始めましょう!

1.ギターの種類

~大きく分けて3種類存在する~

前提として、世の中にはあらゆる種類のギターが存在します。

ですが、ここでは初心者向けに分かりやすく、これだけ覚えておけばまず大丈夫!という意味で3種類のギターを解説していきたいと思います。

もしギターが欲しくなったとしても、知識もなしに選ぶと「自分が欲しかったものではなかった…」「思ったような音が出ない…」ということになる可能性もあります。

買いなおすお金ももったいないですし、間違ったギターのまま練習を続けても自分が求めている音を出したり演奏をしたりすることはできないです。

後で後悔しないためにも、ここでしっかり違いを学びましょう!

その1.エレキギター

ギターと聞くとエレキギターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

正式名称は「エレクトリック・ギター(Electric Guitar)」と言い、エレキギターというのはこれを略したものです。

エレクトリックという名前のとおり、電気信号を用いて演奏するギターです。

エレキギター単体では音も小さく音色も変えられないので、基本的にアンプやエフェクターと呼ばれる機材に接続して使用します。

バンドの中でも結構目立つ花形ポジションです。

その2.アコースティックギター

いわゆる「アコギ」と呼ばれるものですね。

アコースティック(Acoustic)は、英語で「電子的に増幅しない」という意味です。

なので、エレキギターと違い基本的にアンプなどは使用せず生音のまま演奏します。

生音のままでも結構音が大きいです。

よく弾き語りやソロギターという演奏方法などで使われます。

その3.ベースギター

「え?ベースってギターなの??」と思っている方もいることでしょう。

はい、実はベースも立派なギターなんです。

日本ではよく「ベース」と呼ばれますが、正式名称は「ベースギター(Bass Guitar)」と言います。

エレキギターと見た目が似ていますが、音域に大きな違いがあります。

ベース(Bass)というのは、英語で「低音の」という意味で、その名のとおりエレキギターよりも低い音がでるのが特徴です。

低音域がメインの楽器なので地味な印象ですが、バンドにベースがいないとサウンドに厚みがでないので縁の下の力持ち的な存在です。

2.まとめ

  • 大きく分けて3種類のギターが存在する!
  • アンプやエフェクターを使って演奏するエレキギター
  • 弾き語りなどでよく使われるアコースティックギター
  • 一般にベースと呼ばれていて、低い音が出るベースギター

3.おわりに

今回は主なギターの種類について紹介しました。

冒頭でもお伝えしたとおり、ギターには様々な種類のものがあります。

ですが、初心者の方はこの3種類を覚えていれば大丈夫です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする