初心者が覚えておくべきギターの選び方と注意点

今回はギターの選び方について書いていきます!

ギターを買うぞ!と意気込んで楽器屋に来たは良いものの、どのギターを選べば良いか分からないという初心者の方も多いでしょう。

そこで、今回はギターを選ぶ際のポイントや注意点などをお伝えしていきたいと思います。

1.どれくらいの価格のギターを選べばいいのか?

いざギターを買うとなると当然ですがお金が必要ですよね。

初心者の方はギターの価格の相場も分からないと思いますし、どのくらいの価格のものを選べば良いか気になる方も多いはずです。

おすすめは3万円~5万円のギター

初めてのギターなら3万円から5万円のギターをおすすめします。

この価格帯をおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 高すぎず現実的な価格
  • 初心者にも十分な品質のものが多い
  • 仮にギターをやらなくなったとしても後悔するほどではない

基本的に価格が高いものほど性能も良くなりますが、初心者には使いこなせないオーバースペックなものになりますし、ギターをやらなくなった時に後悔します。

逆に安すぎると、作りが雑でチューニングが安定しなかったり、弾きにくかったりする個体に当たる可能性が高まります。

そこそこ安くて作りもそれなりに良いものを選ぶとなると、3万円以上は必要になるかなというのが個人的な意見です。

全然予算がないので、1万円くらいのギターじゃダメ?

結論としてはダメではありません!

むしろ、特に理由はないけどなんとなくギターがやってみたいという方はこのぐらいの価格のギターで十分です。

実は私も最初に買ったエレキギターは1万円くらいのものでした。

ただ、弾きやすかったり音が良いギターの方が練習するモチベーションも高まりますし、上達のスピードも早いので、そういう意味でのおすすめは3万円~5万円のギターになります。

自分がどれくらいギターを弾きたいのか、どんな理由でギターを始めたいのかを念頭に置いて予算を設定するのが良いと思います!

2.重要なのはスペック?それとも見た目?

ギターと言っても色んな形・色・スペックのものがあります。

演奏のしやすさなどスペックはもちろん大事ですが、ギターは見た目も非常に重要です。

見た目で選ぶメリット

ギターを続ける上で重要なのがギターを弾きたいという気持ち、モチベーションを維持することです。

自分が持っているギターを気に入っているのであれば愛着が湧きますし、どんどん使って練習しようと思えます。

逆に弾きやすくても気に入らないな、カッコ悪いなと思っているギターは使いたいと思えません。

なので、見た目が気に入っているギターを選ぶということはギターを続けていく上で大変重要です。

知り合いからタダで貰ったけど見た目が好みじゃないギターと、お金を払って買ったけど見た目がすごく気に入ってるギターなら、やっぱり気に入っている方を使いたいですよね!

見た目で選ぶ注意点

見た目は確かに重要ですが、本当にそれだけで選ぶと失敗する可能性もあります。

ギターは機種ごとにスペックが大きく異なるので、選んだギターによっては弾きづらい、イメージしている音が出せないということもありえます。

最初は音の良し悪しや弾きやすさ、弾きにくさはほとんど分からないと思いますので、あまり心配しなくても大丈夫だと思います。

ただ、こういう音が出したいとか、こういう演奏をしたいという明確なイメージを既にお持ちの方は、購入する前に楽器店の店員さんなどに相談すると良いでしょう。

3.やりたいジャンルで選ぶ

音楽のジャンルによって、最適なギターというのは変わってきます。

ジャンルごとに最適なギターを使わなければならないという決まりはありませんが、やはりギターによって得意不得意はあります。

ここでは簡単にジャンルごとに対応するギターを紹介しますので、参考にしてみてください。

ポップスや弾き語りをやりたい方

シングルコイルピックアップを搭載したストラトキャスタータイプやテレキャスタータイプのギターがおすすめです。

ギターボーカルにもよく使われ、幅広いジャンルに対応することができます。

弾き語りをしたいという方にはアコースティックギターがおすすめです。

ロックやメタルをやりたい方

ハムバッカーピックアップを搭載したギターがおすすめです。

ハムバッカーピックアップは、パワーが強く、歪んだ音が得意なのでロックやメタルといった激しい音楽に最適です。

ジャズやブルースがやりたい方

フルアコースティックギターやセミアコースティックギターがおすすめです。

ボディが空洞になっており、独特の丸みを帯びた音が特徴的です。

4.まとめ

  • おすすめの価格帯は3万円から5万円
  • モチベーション維持のためにはギターのスペックだけではなく見た目も大事
  • ジャンルごとに最適なギターの種類は異なる

5.おわりに

今回はギターの選び方と注意点についてお話ししました。

ギターを選ぶ基準はこれだけではないですが、この記事は初心者の方にとって一つの指標になるかと思います。

是非、ギターを選ぶ際の参考にしてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする